看護師の英会話

看護師の英会話についての基礎知識をご紹介!


看護師の英会話

最近では学生の時などにオーストラリアや、アメリカなどに海外に語学した経験がある看護師が増えています。そんな英会話力のある看護師は日本の病院でも、得意の英語を活かして活躍しているようです。また実際に英語ができる看護師の求人も、よく目にするようになりました。

その背景には東京などの首都圏だけでなく地方都市でも、日本に居住する外国人の数が増えてきているからです。以前は日本に居住する外国人も英会話教師などが多かったのですが、近年はさまざまな企業に勤めたりして年々日本に住む外国人が増えています。

それだけ日本も国際化が進んだと言えますが、これからは看護師も仕事で英語を使う機会も多いと思われます。看護師の方でも英会話スクールに通ったり、ネット英会話をしている看護師も多いと思います。しかし看護師が仕事で使う英語は、一般英語とは違います。

そこで今回は看護師が仕事で使える、簡単な英語をご紹介していきます。外来で外国人の患者さんが初診で訪れた場合は「Is this your first visit here?(初診ですか?)」と尋ねてください。もし初診でない場合は「No,return visit(いいえ再診です)」と返事されるはずです。

あまり英語が得意でなくても慌てずに落ち着いて、ゆっくりとはっきり発音すると大丈夫です。次に日本で働く外国人の場合は、勤務先の健康保険に加入しています。そこで「Do you have Employee's Health Insurance?(あなた健康保険をお持ちですか?)」と尋ねてください。

あとは「Please fill out this registration form for outpatient?(この外来患者用の診察問診票に記入してください)」と言えば大丈夫です。国際化が急速に進む日本の病院でも、医療通訳者がいる病院もあります。

ただもし医療現場に立つ看護師が英語が使えると、貴重がられることは間違いありません。転職などでも英語ができる看護師の求人は給与などもよく、有利なのでぜひ医療英語を学ばれることをお勧めします。最近では海外とオンラインの、格安のネット英会話もたくさんあります。

フィリピン講師がほとんどですが、なかには医学部や看護師の経験を持つ英会話講師もいます。そんな経験を持つフィリピン講師を指名して、医療英語を学ぶこともひとつの方法かもしれませんね。

介護老人保健施設の看護師の募集時期はいつくらいが多い?